段信軍

提供:Chinese Rock Database
ナビゲーションに移動検索に移動
段信軍
Duanxinjun 12.jpg
2013年の写真。(写真:豆瓣音乐人
基本情報
中国語名(簡体字) 段信军
中国語名(繁体字) 段信軍
拼音 Duan Xinjun
発音転記 ドアヌ シヌジュヌ
別名 凌凌
出身地 江西省南昌市
担当楽器 MIDIキーボードベースボーカルギター
ジャンル パンクハードコアエレクトロニカフォーク
職業 プロデューサー作詞家作曲家ライブバー専属ミュージシャン
通俗歌曲』2000年第1期より。

段信軍(ドアヌ シヌジュヌ、Duan Xinjun)は、江西省南昌市で活動しているシンガーソングライター

経歴

電大でニュースを専攻していた。卒業後は、話劇団の裏方として数年間働く。その後、音楽活動をするようになり、劇団を辞める。のち、MIDIで音楽制作するようになる。21歳の時からは、福建省莆田市泉州市のバーやディスコなどをドサ回りにしながら生活した。この頃の収入は1ヶ月1万元を超えることもあった。

1994年、佐佑楽隊を結成してキーボードを担当した。

1995年、Korg13シンセサイザーを購入し、MIDIによる音楽アレンジを勉強するようになる。

1996年には愛楽音夜総会で専属ミュージシャンとして活動していた。

1990年代後半、自由人楽隊にも加入していた。

2000年には盤古楽隊キーボードを担当していた。

2001年には、広西チワン族自治区桂林市盤古楽隊の3rdアルバムレコーディングに参加した。

南昌市では、影響力のあるミュージシャンのひとりであると言われていた。

2003年頃になり、エレクトロユニット混沌者を結成した。

2004年2月からは、盤古楽隊のメンバーとして台湾へ行った。3月、台湾を離れ、タイへ行った。2005年、スウェーデンで永久難民居留権の認定を受け、1月31日には、パスポートが発行された。盤古楽隊に所属していたと一般的に言われているが、段信軍の考えでは、盤古楽隊敖博の1人のバンドであり、それ以外のメンバーはサポートメンバーであって、自分もその1人に過ぎない。音楽・人生における敖博の友達であったが、盤古楽隊と共に2004年に海外出国してから、盤古楽隊のメンバーにさせられてしまい、仕方がなく、難民として海外生活を行なわざる羽目になった。

その後暫くの間は、スウェーデンで生活していたが、2010年、盤古楽隊を脱退し、スウェーデンを離れた。

その後、久々に中国に戻り、中国での音楽活動を始めた。中国に戻っても外国人国籍であるため、気軽にライブなどは行なうことはできない。

2013年12月27日、1stアルバム『台北叙事詩』を台湾で発表した。

2016年7月2日、江西省南昌市九天音楽倶楽部で、中国に戻ってから初のソロライブを開いた。12月15日、2ndアルバム『寂寞欧羅巴』が台湾で発売となった。

ディスコグラフィー

スタジオ・アルバム

参加アルバム

アーティスト・バンド名曲名アルバム名発表年参加形態備考
盤古楽隊盤古楽隊のページへ
佐佑楽隊碑参2002/9プロデューサー・MIDI(複数で)、詞曲、編曲
梅卡徳尓楽隊梅卡徳尓2014/4/26MIDIドラム、プログラミング、サンプリング全曲参加
梅卡徳尓楽隊我是KHEY ROCK@TWO2015/1/31編曲(梅卡徳尓楽隊と)
左小祖咒佩奇風月情色在台北2017/7/16詞曲(左小祖咒と)

主要なライブ・コンサート

外部リンク