昊翰

提供:Chinese Rock Database
浩翰から転送)
ナビゲーションに移動検索に移動
昊翰
Haohan 13.jpg
(写真提供:周俭、优蝶
基本情報
中国語名(簡体字) 昊翰
中国語名(繁体字) 昊翰
拼音 Haohan
発音転記 ハオハヌ
出生名 史立寧
別名 浩翰、昊瀚
出生日 1968年12月24日
血液型 O
学歴 中央美術学院
出身地 河北省承徳市
担当楽器 ボーカルギターハンドパン
ジャンル ポップ(初期)・ヘビーメタル(1991年以降)・デスメタル(1991年以降)・仏教音楽サイケデリック
職業 歌手和尚俳優彫師楽器製作者
影響 Richard Marx
揺滾特快』の歌詞カードより。
(写真:百度百科
仏門に入った後。(写真提供:经典华语原创独立音乐自媒体“刘浪说话”
2018年の写真。(写真提供:昊翰、協力:周俭、优蝶

昊翰(ハオハヌ、Hao Han、1968年12月24日 -)は、北京市で活動していたアーティスト。かつて浩翰の名前で活動していた。満州族

経歴

1986年、作品「爱我」がオムニバス・アルバムに収録された。

1987年、北京市中央美術学院版画系に入学した。同年、当時の流行曲を歌い、いろいろなオムニバス・アルバムに収録された。この頃、Richard Marxの歌などをカバーしていた。

1988年にはいくつの大型コンサートに出演し、流行歌手としての道を着実に歩いていた。

1989年、新加坡喜馬唱片と契約した。そしてオムニバス・アルバム『黒白神情』に曲が収録された。

1990年、1stアルバム『今夜想回家』を発表した。

1991年、2ndアルバム『愛の末日』が発売となった。同年、中央電視台の番組「春節連歓晩会」に出演した。また、曲「转世的人」を創作してから、音楽スタイルがヘビーメタルとなった。同年、デスメタルバンド・三八楽隊を結成し、ボーカルを担当した。

1992年、北京法源寺で仏門に入った。8月、頭を丸め、通法の法号を賜った。同年、北京市自覚楽隊を結成した。

オムニバス・アルバムに数々の作品を発表したが、曲はロックというより、御経を現代音楽のメロディを付けて読んだといったほうが相応しい。心の内面を歌う歌詞が評判となり、「アジアで最も前衛的なアンダーグラウンドミュージシャン」と呼ばれた。

1995年、チベット語を勉強した。同年、四川省甘孜蔵族自治州チベット仏教を勉強し、向巴翁旭の法号を賜った。

作品が海外でも認められ、1996年には香港の劉以達(タツ・ラウ)も彼をプロデュースした。また、台湾卓安古典唱片公司により、アメリカでアルバム『釈迦本仏心咒曲』が発売となったが、編曲念仏を担当した。また、テレビドラマ『宰相劉羅鍋』や映画『大閙天宮』、映画『陸小鳳』、映画『三個和尚』に出演した。

2000年には、広東省深圳市彫師として生活していた。

2011年、インドへ行き、3年の時間をかけて『聖般若宝経』を新訳した。

2014年から、ハンドパンを製作して販売するようになった。

ディスコグラフィー

スタジオ・アルバム

ソロ発表曲 

曲名アルバム名発表年備考
转世的人揺滾衝撃波11994
谁来过中国揺滾精華版(第一集)1994
阿弥陀佛中国揺滾精華版(第二集)1994
大圆满麻木1996香港の劉以達(タツ・ラウ)のプロデュース

参加アルバム 

アーティスト・バンド名曲名アルバム名発表年参加形態備考
自覚楽隊自觉揺滾先鋒1994詞曲、ボーカル、ギター、木魚
自覚楽隊其乐世界神揺第一章・・極楽揚州路1994ボーカル揺滾北京II』も
自覚楽隊无我神揺第二章・・別再躱蔵1995編曲、ボーカル、ギター成長状態001』も
自覚楽隊酒埵揺滾特快1996詞曲、演奏、法鼓、法鈴

主要なライブ・コンサート

外部リンク