蛍火虫楽隊

提供:Chinese Rock Database
2022年6月12日 (日) 10:24時点におけるYaonpghab (トーク | 投稿記録)による版 (→‎過去に在籍したメンバー)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動検索に移動
蛍火虫楽隊
Yinghuochong 11.jpg
2000年の写真。
基本情報
中国語名(簡体字) 萤火虫
中国語名(繁体字) 螢火蟲
拼音 Yinghuochong
発音転記 インフオチョォン
英語名・外国語名 Firefly
出身地 北京市
職業 バックバンド
活動期間 1987年12月 - 2000年代前半
メンバー 銭平
羅岩
華仔
高飛
左から:銭平・秦偉・龔鳴・曲非・孫維亮。(写真提供:经典华语原创独立音乐自媒体“刘浪说话”
左から:秦偉・曲非・孫維亮・銭平龔鳴。(写真提供:经典华语原创独立音乐自媒体“刘浪说话”

蛍火虫楽隊(インフオチョォン、Yinghuochong)は、1980年代後半から2000年代前半にかけて、北京市で活動していたバンド。2000年代後半からは、蛍火虫跨界軽音楽団として、楽団形式で活動している。

メンバー

過去に在籍したメンバー

サポートメンバー

経歴

1987年12月、龔鳴などが中心となって結成されたエレクトリックバンドが蛍火虫楽隊と名付けた。メンバーは5名である。谷建芬声楽培訓中心と契約している。

バックバンドとして名を馳せ、1988年から1993年にかけての多くの大型コンサートは、蛍火虫楽隊が務めた。

1993年12月、北京電視台の要請で日本で行なわれたコンサートに参加した。

1994年1月、龔鳴がバンドを脱退し、活動が停滞するが、細々と活動はしていた。

1996年9月、龔鳴を中心に活動を再開させたが、暫くして再び龔鳴は脱退し、リーダーは銭平となる。

伴奏バンドとして北京市で最も有名なバンドであり、多くのアーティストのコンサートで演奏をしている。

劉弈潔と活動を共にしていた時には、POWERHOUSEPUBの専属バンドとして活動した。

その後暫くして解散したが、2000年代後半に20人にメンバーを増やし、オーケストラ編成による蛍火虫跨界軽音楽団として活動を再開した。

ディスコグラフィー

参加アルバム 

アーティスト・バンド名曲名アルバム名発表年参加形態備考
陳琳陳琳 秋日柔情北京演唱会2001/2演奏ほぼ全曲参加▼VCD
映画背叛2001ボーカル(複数で)主題歌を担当

出演

媒体曲名収録ソフト名発表年参加形態備考
テレビ手拉手同一首歌 新北京新奥運 北京申辦2008奥運会2001演奏(黒豹楽隊唐朝楽隊輪回楽隊零点楽隊と)2008年オリピック誘致運動コンサートより▼海賊盤VCDあり

主要なライブ・コンサート

外部リンク