迷笛音楽節

提供:Chinese Rock Database
ナビゲーションに移動検索に移動

中国最大規模の野外ロックフェスティバル。2000年5月、北京市北京迷笛音楽学校(MIDI MUSIC SCHOOL)で開かれたのが始まりである。参加バンドは迷笛音楽学校出身者が中心であるが、卒業者の中には、全国に名前の知れ渡るほど活躍しているバンドもいるほか、期待の新人が数多く出演するため、多くのロックファンが見学のためにフェスティバルに参加した。

普段の迷笛音楽節以外に、2002年12月には、北京市の農業展覧館2号館で迷笛音楽季が開かれたほか、2005年5月14・15日には、北京迷笛音楽学校の野外運動場でジャズフェスティバルが開かれた。2015年5月15・16・17日には、江蘇省蘇州市2015迷笛電子音楽節を開いた。

2000年

室内で行なわれた。

/2000年4月30日 /2000年5月1日

2001年

室内で行なわれた。

/2001年5月1日 /2001年5月2日

2002年

野外の運動場で行なわれた。

/2002年5月1日 /2002年5月2日 /2002年5月3日

2003年

当初は5月に4日間かけて行われる予定であったが、SARSのため、10月1日から10月3日までの3日間に延期・短縮となってしまった。10月2日、日本からはミクスチャーバンドの代表格・BRAHMANが参加したが、この年は反日気運が非常に高まっていた時期であったため、ライブが始まると卵やら石やらペットボトルなどを舞台に投げつける人が続出。ブーイングもひどかったが、2曲目、3曲目と進んでいくたびに、BRAHMANの音楽とパフォーマンスに感動したのか、ブーイングなどは収まり、最後には大きな拍手が沸き起こった。この件について、日本の新聞でも取り上げられて話題となったほか、音楽評論家の顔峻も「十月的耻辱」と題した文章を発表し、中国人自らの外国人に対するマナーについて提起した。

/2003年10月1日 /2003年10月2日 /2003年10月3日

2004年

5月1日から4日まで開かれる予定であったが、前もって大々的に宣伝し、相当な入場数が見込まれ学校側のキャパを超えているとの理由で、4月28日早朝、公安局から中止の命令を受けてしまった。そして場所を変更して10月1日から、北京国際雕塑公園で4日まで開かれたが、2日目の時点で周りの住民から騒音クレームが来たため、3・4日は時間を大幅短縮して行なわれた。

/2004年10月1日 /2004年10月2日 /2004年10月3日 /2004年10月4日

2005年

10月1日から4日までは、北京海淀公園で行なわれ、4日間で100元の入場料を取り、商業的な道を進むようになった。また、2005年から迷笛音楽節のサブステージでMINI MIDIも開かれた。

/2005年10月1日 /2005年10月2日 /2005年10月3日 /2005年10月4日

2006年

/2006年5月1日 /2006年5月2日 /2006年5月3日 /2006年5月4日

2007年

/2007年5月1日 /2007年5月2日 /2007年5月3日 /2007年5月4日

2008年

MINI MIDIはメインステージとは分離され、独自で開催した。そのため、メインステージの日程とは異なる5月1日から3日までであった。メインステージは、5月に開くことができず、10月に延期となったが、会場や開催日が何度も変更となり、開催数日前に北京迷笛音楽学校内に変更となり、結局開催は10月1日から5日までとなり、出演バンドも大幅に縮小された。

/2008年10月1日 /2008年10月2日 /2008年10月3日 /2008年10月4日 /2008年10月5日

2009年

初めて北京以外の地で開催となった。出演バンドは地方のロックファンに配慮してか、全国区で知名度の高いアーティスト・バンドが中心となっている。

/2009年5月1日 /2009年5月2日 /2009年5月3日

2010年

2010年は5月1日から4日まで、北京海淀公園で行なわれた。10月1日から4日にも江蘇省鎮江市で、「長江迷笛音楽節」という名称で開催された。

/2010年5月1日 /2010年5月2日 /2010年5月3日 /2010年5月4日 /2010年10月1日 /2010年10月2日 /2010年10月3日 /2010年10月4日

2011年

/2011年4月30日 /2011年5月1日 /2011年5月2日 /2011年5月6日 /2011年5月7日 /2011年5月8日 /2011年8月4日 /2011年8月5日 /2011年8月6日 /2011年8月7日

2012年

/2012年4月21日 /2012年4月22日 /2012年4月29日 /2012年4月30日 /2012年5月1日 /2012年8月23日 /2012年8月24日 /2012年8月25日 /2012年8月26日

2013年

/2013年4月29日 /2013年4月30日 /2013年5月1日 /2013年5月3日 /2013年5月4日 /2013年5月5日 /2013年5月17日 /2013年5月18日 /2013年5月19日 /2013年10月2日 /2013年10月3日 /2013年10月4日 /2013年12月31日

2014年

/2014年1月1日 /2014年1月2日 /2014年4月25日 /2014年4月26日 /2014年4月27日 /2014年5月1日 /2014年5月2日 /2014年5月3日 /2014年10月1日 /2014年10月2日 /2014年10月3日 /2014年12月31日

2015年

/2015年1月1日 /2015年5月1日 /2015年5月2日 /2015年5月3日 /2015年12月31日

2016年

/2016年1月1日 /2016年4月30日 /2016年5月1日 /2016年5月2日 /2016年9月15日 /2016年9月16日 /2016年9月17日 /2016年11月5日 /2016年11月6日 /2016年12月31日

2017年

/2017年1月1日 /2017年4月29日 /2017年4月30日 /2017年5月1日 /2017年12月30日 /2017年12月31日

2018年

/2018年4月21日 /2018年4月22日 /2018年4月29日 /2018年4月30日 /2018年5月1日

2019年

/2019年5月1日 /2019年5月2日 /2019年5月3日 /2019年5月4日