Zen Lu

提供:Chinese Rock Database
ナビゲーションに移動検索に移動
Zen Lu
Zenlu 11.jpg
2005年5月14日のライブ。(写真:Zen
基本情報
中国語名(簡体字) 陆正
中国語名(繁体字) 陸正
拼音 Lu Zheng
発音転記 ルゥ ジォン
英語名・外国語名 Zenlu
出生名 陸正
担当楽器 ギターボーカルプログラミングサンプリング
ジャンル 実験音楽エレクトロニカ
職業 サウンドアーティスト

Zen Luは、広東省深圳市在住のサウンドアーティスト

経歴

2002年、知覚楽隊を結成し、ボーカルリズムギターを担当した。

2003年、知覚楽隊を脱退した。

2004年4月、楊貴妃楽隊に加入し、リズムギターサウンドエフェクトサンプラーを担当した。半年後、楊貴妃楽隊を脱退し、ソロ活動を始めた。ソロ活動を開始した後は、テクノアーティストしての活動を本格化させた。

2005年3月、weplayを結成した。同年頃、深圳実験テクノグループ・P2Pを結成した。9月18日、1stEP『Let's Play』がポーランドaudiotongより発売となった。

2006年、Wave One Studioを成立した。1月18日、深圳電影嘉年会で行なわれた実験舞台劇『夢』の音楽を担当した。3月5日、インディーズ・EP『Game Morning』が発売となった。4月、鄭伯伯三重奏を結成した。8月17日、インディーズ・EP『Ding』を発表した。8月18日、2ndEP『Ding』を発表した。9月、ポーランドの実験音楽家・Grzegorz Bojanekと共に中国ポーランドの交流プロジェクト・ChoPを設立した。

2007年初、実験音楽団体・を結成した。また、インディーズレーベル・We Play! Recordsを設立した。6月、ポーランドへ行き、Grzegorz Bojanekと共にライブを行なった。8月、ベルギーSUB ROSAから発売となったアンソロジー『An Anthology of Chinese Experimental Music 1992-2008』に曲が収録された。9月、香港Lona Recordsよりシングル『Wave One』が発売となった。11月4日、スタジオ・アルバムTHE FUTURE』が発売となった。

2009年6月、Grzegorz Bojanekほかポーランドサウンドアーティスト達と共に「華沙電子音楽節中国巡演」を行なった。同年、イベントグループ・Neo Soundを設立した。

ディスコグラフィー

スタジオ・アルバム

シングル

EP

コラボレーション・アルバム

ソロ発表曲 

曲名アルバム名発表年備考
BEYONDTHECLOUDSTABLE108VOL.12006
(不明)The Twists and Turns of the Loved and Hated T2006/11アメリカのZH27より
crosswindsBrainWave Communication2007/4
Coldness of The Summerplay2007/7剰余価値研究所によるネットオムニバス・アルバム
SunsetRed2009
ZenAn Anthology of Chinese Experimental Music 1992-20082009/8
Turn Off TruthXY#0012015/1/25

参加アルバム 

アーティスト・バンド名曲名アルバム名発表年参加形態備考
ChoPover a foul line/simple questions2006/12/6作曲(Greg Bojanekと)全曲参加

主要なライブ・コンサート

外部リンク